こんな日は月でも観に行こう
fc2ブログ

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

≫ EDIT

美の壺「手のひらのアート 根付」再放送のお知らせ

NHK地上波のEテレで「美の壺」の再放送が決まりました。
担当していただいたディレクターの方が、根付を初めて見る方にも分りやすく伝えようとしていただいたお陰で鑑賞のポイントや魅力、歴史的な流れなどの情報がよくまとめられています。

登場人物の方々が思い思いに根付の魅力を語るのですが、それぞれに根付に対する愛着や、温かみが感じられるところが好きです。様々な思いを受け継いで、時を重ねてきた根付、これからも大切にしていきたいなと思いました。

私の作品も最後の方で登場します。
根付に興味のある方から、愛好家の方まで、どうぞご覧ください。

美の壺「手のひらのアート 根付」
(本放送)【Eテレ】2月4日(日曜) 午後11:00~11:29
(再放送)【Eテレ】2月7日(水曜) 午前 5:30~ 5:59
関連サイト
https://www.nhk.jp/p/tsubo/ts/3LWMJVY79P/schedule/

美の壷サイト

| メディア | 00:52 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

掛川市での展覧会のご報告

静岡県掛川市での展覧会が11月19日に閉会しました。
会期中には県外からも多くの方にお越しいただいたことを学芸員の方から連絡をいただきました。
とくに根付を初めて知った方や、子供たちにも楽しんでいただけたということなので、嬉しい限りです。
現代根付の普及に取り組んでいただいた関係者の方々に感謝を申し上げます。

創作の現場を知ってもらうのはどうかとのことで、創作にまつわる資料や素材、彫刻刀、オリジナルマグカップなどの道具なども展示しました。
写真はその時の様子です。
創作の現場 空観

| イベント | 08:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

桃太郎と愉快な仲間たち

桃太郎

「桃太郎」 高4.5㎝×幅4.4cm×奥3.1cm
桃太郎は江戸時代から語り継がれるおとぎ話で、全国各地に伝承が残りますが、岡山(吉備)が有名です。勧善懲悪の典型で、明快な筋立てで子供から人気があります。また『尋常小学唱歌』明治44年(1911)に登場してから童謡として歌い継がれています。
もともとは紀元前3世紀に活躍した孝霊(こうれい)天皇の息子、吉備津彦命(きびつひこのみこと)がモデルとされます。百済から渡来した温羅(おんら)が吉備の人々を苦しめていたため、吉備津彦命が征伐したのが物語の原型といわれています。

 作品では物語の登場人物が総出演で、鬼と猿の腕相撲を見守っています。ご褒美のきび団子を目指して猿が優勢です。それぞれに動きを持たせながらも全体として桃の形を意識して調和させました。物語では鬼が退治されますが、ここでは皆で仲良く遊んでいる様子にまとめました。「桃李満門」という言葉がありますが、おいしい桃やすももが門に満ち溢れるという意味で、有望な人物たちが集まることのたとえですが、分け隔てなく皆が将来に向かって協調できることを願って制作しました。

| 根付作品 | 08:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『京都 アートな街歩き』に掲載

京都の新たな魅力を「アート」の視点から取り上げたムック本『京都 アートな街歩き』が京阪神エルマガジン社から発売されました。その中で京都 清宗根付館が紹介され、私の作品<ヴィーナス>も巻頭の「大人の心をときめかせる美の宝庫、京都へようこそ」で掲載されました。

京都 アートな街歩き

書籍の詳しい案内はこちら≫
https://www.lmagazine.jp/mook/MOOK6190848/
サイト内の[立ち読み]からご覧いただくことができます。
全国大型書店で購入することが可能です。

| メディア | 08:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデン根付アワード授与式

先日ゴールデン根付アワード授与式が京都にて開催されました。
グランプリには栗田元正さん作「未練酒」、私の「桃太郎」が選ばれましたので報告いたします。今回は10回目の節目となることから優秀賞、理事長賞、特別賞を加えて過去最大の8名が表彰されました。

グランプリを目指して各作家が力のこもった作品に挑戦し、年々作品の技巧や質が向上しているのがわかります。
11月末まで京都 清宗根付館にて、本年度の受賞作品とノミネート作の全品と、今までのグランプリ作品を同時展示しています。

ゴールデン根付アワード2023

| 根付作品 | 08:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちびっこアーティスト大集合! 根付体験教室 in 掛川市

掛川市二の丸美術館にて「根付に遊ぶ」展が開催中ですが、今月14日(土)に子供体験教室があり、講師をしてきました。

小学校低学年を中心に定員を上回る申し込みがあり、大変熱気あるイベントとなりました。
根付の作業工程はさまざまあるものの、子供たちが時間内に完成できるようにとのことから最終工程の磨きと染色を行うことにしました。天然染料の茜で染めた鹿角を左刃で彫る、撥鏤(ばちる)技法にしました。
もとの素材の私の方でのこぎりとやすりで成形しておきました。

最初に根付体操と称して、リズムに合わせて体全体で形態模写をしてもらい、充分に心を体を解放させたところで教室をスタート。
子供たちにとって初めてでわからないところや難しいところもありましたが、生徒一人ひとりと向き合って進めることができました。
子供たちには2時間は長いかもと思っていましたが、みんな集中力を切らさずにたっぷり楽しんでくれたようです。
ちびっこアーティストの誕生です!

ワークショップ完成

みんな思い思いに考えて、自分だけのオリジナル作品をまとめていました。
磨いていくと表面が艶々に変わっていくことが楽しかったようです。
それと左刃を持ったときの緊張感、またそれを使いこなしていく達成感があったようです。
これを機会に根付をはじめ、工芸や日本美術に興味を持ってもらえたらとの願いもありますが、それより芸術の秋にふさわしい思い出になってくれたら十分かなと思いました。
無事に作り終えた皆の笑顔がひときわ輝いて見えました。

ちびっこ根付体験教室

この企画を立案し準備していただいた、
掛川市二の丸美術館や京都 清宗根付館の学芸員の皆様、本当にありがとうございました。

また当日来ていただき手伝っていただいた根付作家の
静岡県在住の田神十志さん、伊勢からは中川忠峰さん、ご参加に感謝します。

翌15日(日)には大人向けの根付鑑賞会があり、根付のみどころなど説明させていただきました。
こちらも満員御礼でした。ありがとうございます。

掛川市での展覧会は来月19日(日)まで。
お近くの方はぜひお寄りください。

| イベント | 12:53 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

巴御前「一騎当千」

昨年の話になりますが、京都 清宗根付館主催のゴールデン根付アワードのに「一騎当千」がグランプリに選ばれました。
また根付コレクターの世界的組織、国際根付ソサイエティの機関誌の表紙にも掲載していただきました。
記事の中では根付文化の普及に力を注いでいる京都 清宗根付館の活動の紹介と受賞作品の紹介がされました。

国際根付ソサイエティ2022年冬号の表紙はこちら≫

一騎当千

「一騎当千」 巴御前 いっきとうせん ともえごぜん
横4.3×高5.0×奥3.2㎝

巴御前は平安時代末期、平家追討の兵を挙げた木曽義仲(きそよしなか)とともに戦いに身を投じました。『平家物語』などの軍記物語で「容顔まことに美麗なり」「一人(一騎)当千の兵(つわもの)」と称えられ、並外れた功績が語られ、能の『巴』や歌舞伎『女暫』のモデルにもなっています。実在については諸説あり文学的脚色ともされますが、女性が功名を挙げることが難しい武家社会のなか、大義のために生き武勲を挙げた女傑として、色褪せることなく語り継がれてきました。

| 根付作品 | 10:43 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

展覧会のお知らせ

静岡県の西部に位置する掛川市で、現代根付展を開催することになりました。掛川は東海道五十三次の26番目の宿場町として、またお茶の名産地としても知られています。
市内から見える掛川城は東海の名城といわれ、現在木造で再現されています。その掛川城公園内にあるのが掛川市二の丸美術館です。開館25周年を記念した特別展です。

「手のひらのミクロコスモス 根付に遊ぶ 展
2023年9月24日(日)~11月19日(日)
「根付に遊ぶ」展

同館はもともと質の高い、煙草入れなどの提げ物コレクションを所蔵していて、根付とも相性の良い共演となります。
京都 清宗根付館からの400点を超える作品が一堂に並びます。
秋の旅行シーズン、掛川まで足を伸ばして、根付と遊んでみませんか。

| イベント | 08:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデン根付アワードグランプリ授与式

ブログの更新が滞っておりますが、毎日創作に励んでおります。

本年のゴールデン根付アワード授与式が11月10日に京都 清宗根付館にて行われました。グリンプリには石川県出身の漆芸師針谷祐之(まさゆき)氏と私の2名が選ばれました。作品は「旅役者」で、同名の小唄のより題材を取りました。
優秀賞に森哲郎氏、時田英明氏
理事長賞に小野里三昧氏が選ばれましたので報告いたします。

Tabiyakusya_Kukan

待ってましたの 掛け声に にっこり笑って 見得を切る・・・
かわいいあの娘に 別れを告げて 旅から旅への旅役者

そんな一節を芝居の一幕のような作品にしました。
Kukan_The grand prix

| イベント | 22:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週の『美の壺』で根付の特集を放映します!

NHK『美の壺』は放映してから、すでに500回を超える人気番組ですが、今回は根付を取り上げていただくことになりました。
京都 清宗根付館の木下館長をはじめ、提物屋さん、落語家の古今亭文菊さん、根付作家としては道甫さん、そして私もアトリエでの制作風景のなかで少しだけ登場することになりました。

以前の放映から14年ぶりになりますが、待ちに待っていた根付特集だけにどのような内容になるのかが楽しみです。
根付を初めて見る方から、愛好家の方まで、どうぞご覧ください。


NHK BSプレミアム
本放送:2021年4月9日(金)午後7時30分?7時59分
再放送:4月17日(土)午前6時45分?7時14分

NHK ワールドプレミアム(国際放送)
2021年4月10日(土)日本時間 午前3時30分~3時59分

NHK BS 4K(ご視聴には4Kチューナー付きテレビが必要)
本放送:2021年4月9日(金)午後7時30分~7時59分

再放送:
4月11日(日)午前6時45分~7時14分
4月12日(月)午後4時00分~4時29分
4月16日(金)午前9時00分~9時29分


美の壷ホームページ:https://www.nhk.jp/p/tsubo/ts/3LWMJVY79P/episode/te/GPXYKN79X9/

美の壷サイト

| イベント | 20:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT