カテゴリー :空観解体新書 こんな日は月でも観に行こう

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空観解体新書 その1 第一印象

私の作品では、造形的な効果を一番大切にしています。根付の第一印象に決定的な影響をもたらすからです。

今日は、「空観解体新書」と題して、フォルムや構図によって受ける印象について話します。

まずは歴史的な流れから、古代エジプト時代(BC3000~)の彫刻では左右対称、正中線( 体の中心を通る線) が直立しています。それに対し、ヘレニズム期(BC323)以降のギリシア彫刻は腰をひねり、わざと重心をずらし体全体をS字にすることで動きを出し、有機的な造形を特徴とします。
これはコントラポストと呼ばれ、ギリシア彫刻からミケランジェロによって西洋彫刻に連綿と引き継がれました。美術における線の効果についてイギリスのウィリアム・ホガースは、『美の分析』(1753年)のなかで波状線(waving line)を「美の線」、蛇状線(serpentine line)を「優美の線」と記しています。

また仏像の誕生にはシルクロードを経てギリシア彫刻の影響が認められるのはご存じだと思いますが、日本の仏像においても、三曲法(脚、腰、頭をひねり傾きを付ける技法)となって伝わりました。

netsukemagic.jpg

根付においてもこの正中線をひねることで、掌中に収まる形状と、造形的な面白さが加わり、さらには、実寸のサイズを超える大きなスケール感を出すこともできます。

このひねりを図を見て説明します。
Aの赤いラインは物理的な正中線であり、楕円形の長さと同じです。
BではS字にすることでAよりも長く感じられます。従来の彫刻の考え方です。
Cでは螺旋状にすることで、長さはどんどん長くなります。巻き方が多くなれば無限の長さになります。

このCの赤いラインを構図に応用したのが根付です。360度どこから見ても彫刻を施すため螺旋での構図を応用することが根付の特徴になります。

ひねりを加えるメリットは2つあります。
1.ひねりで感情の動きまで込めることができる。
2.スケール感を大きく出すことができる。

作品の第一印象にはこんな秘密があります。
次回は実際の作品を見ていきましょう。
スポンサーサイト

| 空観解体新書 | 07:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空観解体新書 その2 重心と感情表現

前回の正中線をひねることで生まれる効果について説明しましたが、今回は実際の作品を通して見ていきます。

まず最初に作品の正中線を決めます。それが決まらないと崩すことはできません。

次に崩し方ですが、そのときに問題になるのが重心です。どれだけ小さくてもその重心がずれると不安定な感覚を与えます。そのため常に重心を意識して体にひねりを与えていきます。

根付の場合、体躯の解剖学的な均整を保つというよりは、各部位を長くしたり、曲げたりするマニエリスム(後期ルネッサンスとバロックの間にみられる人体を細長く誇張する様式)に近いデフォルメをします。このひねりを加えることで、重量感、迫力、動勢、緊張感が生まれ、生き生きとした生命を宿しているように見えます。
よく「しなをつくる」といいますが、同じことで、こうすることでそこに感情まで表現できます。

最初に作品を見たときにどんな印象を与えられるかを大切にしています。では「ヴィーナス~新世界~」をもとに進めます。

sample3.jpgヴィーナスでは右腰を前に出すことで右足に遊びが生まれ、優雅さを一層強調できます。肩は腰に比べ右肩を後方に引き上昇する動きを与え、頭部を右斜め上に向かせることで、ヴィーナスの凛とした意思の強さを表現しました。

当初は顔を下に向ける構図を考えましたが、華やかさや高揚感が感じられませんでした。さらに背筋の流れに顔の向きをあわせると意思の強さが感じられなかったため顔を上にのけぞらせました。

貝の中心線に対して、ヴィーナスの向きをわずかにずらしているため、体の流れを強調させ、起き上がろうとする動きを与えました。作品の中心線とヴィーナスの中心線を合わせると逆に動きが止まりヴィーナスが下に伏せる感じに見えてくるから不思議です。

正面は安定した三角形の構図を採用したことで、垂直方向に伸び上がろうとする動きが生まれ、肢体のプロポーションを長くすることで逆遠近法的な効果で顔をより小さく見せています。最初から顔の一点に視線が行くような構図にしているのです。
体躯全体のS字のラインは回転の動きを与えることで、貝の形と相まって、今にも動き出しそうな雰囲気をかもし出します。

常に重心を考えながら構図を考えることで、ヴィーナスが今にも起き上がろうとする胎動を静謐さの中に込めました。
  

| 空観解体新書 | 08:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空観解体新書 その3 らせん構造

前回S字曲線がもたらす効果について「ヴィーナス」を例に説明しました。今回はらせん構造について「一黙雷如」で見ていきます。

kukanrasen3.jpg

正面と側面に入れたガイドラインは同じ大きさですが、写真は俯瞰の角度や大きさが多少異なっていますのでご勘弁ください。
まずは赤いラインを見ていただくと側面から正面にかけてらせん構造を意識しているのがおわかりになると思います。根付にらせん構造を取り入れるメリットは立体的なの統一感がでます。また根付を自然と回転させてみたくなります。手の中でくるくる回すことの快さが生まれます。

今回このらせん構造を取り入れた点は二つあります。

一つ目は、雷が「真理」を表わすというテーマなので、この回転軸を垂直にしています。
垂直にすることで力強い印象になります。垂直を「権威の線」、水平を「共有の線」といいかえてもご理解いただけると思います。この垂直性を強調するため、雷神の視線を合わせています。垂直に天を仰ぐことで、真理一点のみを見ていることを表しています。

二つ目は「一黙」の表現です。太鼓をたたく直前の間を表現するため、静止することなく動きを表現したかったからです。らせん構造にすることで勇壮な印象を与えています。

kukanrasen2.jpg少し上から俯瞰することでその躍動感が伝わってくると思います。太鼓を打ち鳴らす姿でなく、張りつめた沈黙の緊張感を感じていただけますでしょうか?

3回に分けて、根付に潜む構図やフォルムがもたらす効果を説明してきました。根付の造形をこのような見方で説明する機会はなかなかないので解体新書として記しました。根付の魅力は構図だけできまるものではありませんが、興味を持っていただけたら幸いです。

今後根付の魅力をいろいろな視点から紹介していきたいと思います。

| 空観解体新書 | 09:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空観解体新書 その4 心地よい丸み

kukanswan.jpg今回は根付の基本形「楕円形」について。

楕円形は根付にとっては理想の形です。手の中で当たりが柔らかく、力が分散されます。角ばったところがなければ服を傷める心配もありません。
「円に始まって円に帰る」といっても過言ではないくらい奥の深い形です。

写真にあるのは白鳥の親子。長い首の白鳥を不自然ではなく根付の造形にまとめてみました。これにはストーリーがあって片方の翼でヒナをかばっているのですが、その話はおいおいします。

根付はこの楕円形の形をいかにまとめるかが腕の見せ所です。
一見自由な造形にもとられがちですが、古根付の名品にはこの楕円形を意識したものがほとんどです。作り手は当然この視点から根付を見ないと形の妙が見えてきません。

単に題材の面白さや奇抜さに目をとらわれることのないようにしなくてはなりません。
フィギアでもマスコットでもなく根付である所以はここにあるからです。

制約のなかで発想をふくらますことが根付です。
現代根付の制作において、制約を考えない向きもありますが、基本的な制約の中でまだまだ造形的な試みができる可能性を私は感じます。

goldenratio.jpgまた古代ギリシアから発見されたといわれ黄金律はミロのヴィーナスをはじめオリンポスの神殿のプロポーションにも使われましたが、この比率に照らし合わせた場合左の写真にあるように符合します。

黄金律は「神の比」とも呼ばれ、最も美しく感じるプロポーションとして知られています。

この黄金律は美術界では一般的すぎて、作家としては種明かしすると少し恥ずかしいのですが、今まで根付の造形の中で語られることがなかったので付け足しました。

| 空観解体新書 | 11:09 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空観解体新書 その5 隠されたミステリー

kukankerberos.jpgブログはまだ限られた方にしか案内してませんが、ご覧いただいた方から激烈な励ましや「気分が引き締まりました」とのお言葉をいただき、書き始めて良かったと思っています。この場をお借りして皆さまに感謝を申しあげます。

さて今回の話。「空観根付の最大の特長は?」と尋ねられたら、私は「物語性です」と答えます。今まで空観解体新書では根付の造形について語ってきましたが、実は私が根付に一番求めるものは、メッセージ性なのです。

私が詩人のように言葉を操れたら、または作曲家のように音階を奏でられたら根付師にはなっていなかったと思います。私は根付で絵本のような物語を作りたいと思っています。

作品を通してコミュニケーションをとっていきたい。根付という決められた制約の中で最大限の信条を封じ込めたい。自らの生きざまを刻みこむことが彫刻家の信条です。そのためには自分自身が価値ある人間でなくてはならない。

I am Somebody.(私には価値がある)  大切な友人から教わった言葉です。

鳥たちには鳥たちの生き方がある。雑草には雑草の生き方がある。風には風の。
人には人のそれがある。決して聖人君子の話でなく、欠点だらけでもいい、ありのままの自分に価値を認めることが大切だと思います。

これからの社会にどう向き合うのか、どう生きるのか、常に自問しながら美を求道していく。 

少し優等生の弁論口調になってきたので、話を戻しますが、
根付は四方八方いろいろな角度から見ることができるので、さまざまなミステリーを封じ込めることができます。これが根付の真骨頂だと私は思うのです。単に対象物の写実だけでなく、多くのなぞ解きやメタファーをちりばめることが、空観根付の目指すところです。

私の根付に、今までの根付と違う印象をもたれる方が多くいらっしゃいます。その理由の一つとして「物語性」を解体してみました。

写真は地獄の番犬ケルベロス。彼が守りたかったものは・・・?

| 空観解体新書 | 08:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空観解体新書 その6 紐通しの孔

kukanhimoana.jpg
今日は根付の最大の特徴でもある紐通しの孔(あな)について。

通常穴とも書きますが、穴はへこんだところ、孔は突き抜けたあなを指すので、ここでは孔と表記します。

この紐通しは実用上必要なものですが、現代根付では実用されないということから軽視される向きもありますが、私は積極的に創作に活かしています。
作例でいくつか見ていきましょう。実際に手に取らないと裏側を見る機会はないと思いますので、いくつか写真をアップしました。

「黎明・ヴィーナス」では髪の意匠に取り込んでいます。銀河の星たちを配置してビッグバーンとブラックホールに見立てて、片方は渦巻き状にもう片方は吸引される様子(写真)にしています。
「寝子」(猫)や「有頂天」(天狗)では生き物の形態を活かして、片方の脚の左右に孔をあけています。「有頂天」は提げると写真と天地が逆になりますが、もともと舞い降りるイメージなので下にくるように配置しています。
「七つ面」では写真では判別しにくいと思いますが、側面に円満大王の面がありそのひげと牧神パンの角の間に雰囲気を損なわないようにうがっています。もう片方の孔は側面の背中側から通して提げます。

実用することを想定して気をつけていることは次の通りです。
1.作品の向きや下がり具合を考える。
2.腰に当たる部分は収まりがいいように出っ張りを作らない。または少し平面で接するところをつくる。
3.通す紐を傷つけないように、孔の周りは丸みをつけておく。
4.孔の深さはなるべく深くして強度を持たせる。
大きな紐孔がデザインに違和感なく溶け込んでる根付はそれだけで粋なものです。

紐孔について基本的には、このような側面はなっています。
howtohimoana.jpg
片方は紐の結び目を入れるので大きくしています。これを基本にアレンジしています。
最初から孔の位置を考える場合もありますが、創作の途中で変えたりと最後までこだわります。表からは見えない裏側に神経を集中させるのは根付の醍醐味です。

| 空観解体新書 | 07:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空観解体新書 その7 決めどころ

kukansketch.jpg今日はいつもブログをご覧になる方からの質問にお答えして。
「よく、油絵画家はしつこくかき足すけど、水彩画家や彫刻家は、きっぱり完成させるタイプが多いと聞きます。空観様にとってのフィニッシュは、なにか基準があるのでしょうか?」

私の場合、油絵画家と同じようにしつこいと思います。通常の仕上げをして、1日空けてまた見直して、気になるところを彫るという作業を3、4回繰り返します。そうやって1週間くらい手のなかに作品を握りしめては、しげしげと眺めています。

不思議なのですが、仕上げが進むと、ある瞬間から魂が入ったかのように思えてきます。
そのため仕上げに入ってからの時間と愛情は最大限かけるようにしています。

お客様のもとに嫁入りした時に、最初にどんな表情をされるかを思うと手は抜けません。
土産ものを作っているわけではないので、私は心が伝わる根付を彫りたいと常々思います。
私の作品を持って癒される、勇気を与えられる、理想にしたいなどのお言葉をもらうときがありますが、そんな時、根付はモノではなくて心のメッセージだと思うのです。
作品は作家の言葉であり、感情であり、生き様です。ですから疎かにしたくありません。

「決めどころ」は、主観的な答えになりますが、気持良い作品となったときです。

一流の作品は、見たときの第一印象で心をとらえます。または時間をかけてじっくり心にしみるものもありますが、両方とも心地よさを与えてくれます。
私の作品もそうありたいと願います。

写真は平等のシンボル「カモノハシ」のスケッチ。水の紋様の浮彫のイメージは最初から入れています。

| 空観解体新書 | 10:03 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空観解体新書 その8 Face to face

V_BLK2.jpg空観根付最大の関心事は「顔」です。

顔を彫りたいために根付を彫っているといっても過言ではありません。造形論や作品のテーマをいろいろ練っても、最終的には顔の相貌で決まります。そのくらい顔は重要な部位なのです。

一般的に顔は膨大な情報量を持っているといわれます。慣用句を見ても多様に使われています。顔には感情がにじむので「顔色をうかがう」わけですが、人格まで代弁するので「顔が立っ」たり「顔がつぶれ」たり、その上地位や身分まで現れるらしく「顔がきく」といった様々な使われ方にになります。
乳幼児が他の人の顔に関心が高いことはよく知られていますが、元来人間の性質としてどんなものにも顔の輪郭をみるそうです。それは人間にとどまらず、顔がないはずの満月まで微笑みはじめ、北風まで頬を膨らませて見えるわけです。そのように擬人化して自らと共通する部分を想定することで理解を深め、親近感を持つようになるです。
心理学では相手の感情は視線や表情に表れるといいます。これは「符号化」と呼ばれ、いくつかの符合を解読することでコミュニケーションをとります。しかし顔の表情は自己演出できるため心で泣いて顔で笑うことだってできるわけですから、動物行動学者によれば表情や言葉は信頼できないとしています。それだけ複雑であるといえます。

顔の重要性は改めて繰り返さなくても、日常的に誰もが感じることです。起きた時に最初に鏡でみるのは何でしょうか?やはり顔なのです。自分の顔を見ることで健康状態、精神状態など確認しているのです。

私が顔を彫る際に気をつけているのは、初々しさです。朝起きて初めて顔を合わせた今日の自分と同じような発見です。いつ見ても初めて会ったような新鮮さを大切にしています。古典彫刻の傑作ベルヴェデーレのアポローンなどをみると永遠性を秘めた端正な顔立ちにはその初々しさを感じます。芸術の虚構世界のなかにこそ宿る永遠性とはそうしたことではないかと考えます。

顔が表す感情や人格を、芸術にまで追求したのが能面といえます。鬼神などの面は表情も大きくユーモラスですが、女の面として私も好きな「孫次郎」の面には感情を帯びた表情を極力落としたなかに人間を超える幽玄な世界を感じます。芸術とは虚構に真実を見つけること。無表情といわれる能面にも豊かな表情を見つけることはできます。正気と狂気、清濁併せ持った魅力が能面には潜みます。

顔に関しては書きたいことがたくさんあるのですが、今日はこのあたりで。
改めて私の表現について触れたいと思います。

| 空観解体新書 | 07:46 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

空観解体新書 その9 紅顔の根付たち

空観 ヴィーナス前回、顔について人間は潜在的欲求から顔に執着をもっていることと芸術における永遠性の定義をしましたが、今回はその続編です。

私が作品のなかで一番時間を費やすのが顔です。顔の重要性は前編で述べたので多言を要しないと思いますが、表情には感情や意志、思想までにじみでるものです。また顔は作品の主題を作家に代わって主張します。

それでは顔を彫る際のポイントですが
1.プロポーションを考える
2.正中線を意識する
3.瞳の焦点を合わせる
以上、基本的なことかもしれませんが。

まずプロポーションですが、西洋彫刻では8頭身が理想とされますが、そのまま小さくするとより顔が小さく感じられるので、ヴィーナスなどの女性像の場合は7頭身にしています。だいたい日本の仏像は6頭身前後が多く、少しどっしりとした印象を与えます。見る人に親しみと慈悲を与えるプロポーションといえます。しかしヴィーナスは神々しさを与えたかったので7頭身にしています。
また雷神や風神などは5頭身にしています。この5頭身の設定は、興福寺にある国宝「天灯鬼」「龍灯鬼」をはじめ、俵屋宗達の「雷神風神図」などに見られるプロポーションです。人間に当てはめるとだいたい3歳児から4歳児になり、誰もが愛らしく感じるプロポーションといえます。ユーモラスなキャラクターを活かすにはぴったりのプロポーションです。
そうしたことなど考え、根付としての大きさのなかで効果的なプロポーションを割り出していきます。

次に正中線です。
もともと人間の顔は左右に僅かな違いがあります。顔の真ん中を通る正中線で左右対称にした例が能面です。能面は生身の人間と同じ目鼻口がありますが、左右対称にするなど様々な仕掛けを施し、人間離れした(神格化した)容貌にしています。また仏像も左右対称を基本として非日常性、神秘性を与えています。
それから西洋絵画で顔を正面から描くということは、イエス・キリストの存在や神格を意味します。
それを踏まえ私も正中線を大切にしながら表情を作っていきます。

ちなみに顔つきが私に似ているという話もちらほら聞きますがが、自分の顔を鏡に映してモデルにしているからかと思います(汗)。

最後に瞳の焦点やまた視線の向け方は今までの根付ではあまり追及されることが少なかったですが、「目は口ほどに物を言う」との諺を持ち出すまでもなく、目の与える印象を私は大切にしています。

以上の3点は誰しもが創作の際に考えることで、あえてここで主張する話でもないですが、基本に忠実でなければ進歩もありません。基本の積み重ねこそが上達への近道です。また基本原則が分かっていないと最終的な判断ができず、仕上がりにブレがでます。

作家が何に注力しているかを知っていただく意味でまとめました。

| 空観解体新書 | 18:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。