アーカイブ :2012年01月 こんな日は月でも観に行こう

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

2011年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年02月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

創作にあたって

今年は基礎を見直し、原点に戻って創作したい。
根付は単に対象を表すだけでなく、作者のイマジネーションやデフォルメを加えて表現に厚みを増していくものだが、まずその基本になるのが破綻のないプロポーションと、均整の取れたバランスである。

絵画でいえば、デッサンとなるのだろうが、根付でいえば荒突きと呼ばれ、素材の固まりから大まかな形を彫りだす作業となる。この時点で作品の出来の5割が決まってしまうと思う。

根付は手のなかで、その形の心地良さを愉しむものであるから、荒突きはとても重要なのである。
だから今年は基本に戻り、手のなかにおさまりのいい作品を作っていくことを、今年の目標にしたい。
スポンサーサイト

| コラム | 12:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。