アーカイブ :2013年12月 こんな日は月でも観に行こう

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

2013年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年01月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

初作品集「空観の世界」のご案内

空観の世界 表紙この度、京都清宗根付館より「根付作家 空観の世界」を発刊させていただきました。根付館では毎年現代作家の個人作品集を出していますが、満を持しての上梓です。

よく来館者の方から私の本の問い合わせがあったそうなので、応援してくださる皆様の声に支えられて発刊まで漕ぎつけることができました。この場をお借りして皆さまに御礼申しあげます。

内容はというと根付館所蔵の初期から最新作まで総勢43点がオールカラーで紹介されています。
短いコメントながら作品の解説をいれさせていただきました。外国の方にも向けて英語訳もついています。

どの作品も思い出深いですが、今回は作品の変遷を4つに分類もしてみました。そうすると年代によってが流れが感じられたことが今回良かったと思いました。創作を始めてはやいもので16年、毎回一つ難しいことに挑戦しようとした成果をご覧いただくことができるかと思います。

空観の世界 見開き  「風神」「雷神」。雷の音がうるさくて耳をふさぐ風神と、大風に飛ばされないよう必死にこらえる雷神。おおらかで親しみやすい表現を心がけていた2003年の代表作品。この作品が契機となりこの後様々な作品が生まれました。


取り扱いは清宗根付館で販売します。来年2月の開館からになりますので、それまでにお求めを希望される方は私までお問合せください。手持ちのなかからお送りさせていただきます。

販売額は根付館と統一の1500円です。それに送料をご負担くだされば全国どこへでも送ります。
詳しくは、専用アドレス kukanism@gmail.com までお問合せください。

私から発送する特典としまして、直筆でお名前とサインを書かせていただこうと思います。

初めての作品集ということもあり、ご覧いただいた方からご感想などお聞きできたら嬉しい限りです。



| イベント | 17:09 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |