アーカイブ :2018年05月 こんな日は月でも観に行こう
FC2ブログ

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

2018年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2018年06月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【根付教室】紐通しの孔について

紐通しの孔について先日の根付教室でちょっとしたミニ講座を行いました。

自由な発想から生み出される根付ではありますが、抑えどころというものがあり、それが紐通しの孔になります。
教室では根付最大の特徴である紐孔を作品にどう活かすのかということを取り上げました。

とかく根付は意匠や技術にばかり注目されることが多いのですが、紐孔のまとめ方を見ると作者が作品にどれだけ愛情を持っていたかということが見えてきます。

江戸から続く根付の歴史の中でさまざまな時代の特徴を引き継ぐ根付の紐孔は多様に変化してきました。
どんな紐孔がいいのかということは、古典作品にその答えがあります。
多くの先達が同じ命題を掲げて紐孔の位置や形状、装飾を工夫をしてきたからです。

次回の講座では「根付らしい造形とは?」をテーマに話したいと思います。
スポンサーサイト

| コラム | 15:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。