間合い~鑑賞者とともに完成させる美 こんな日は月でも観に行こう
FC2ブログ

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

間合い~鑑賞者とともに完成させる美

夕顔 箱と袱紗ここ最近ブログの更新ができていなくて、書きたいことがたくさんたまってしまいました。また少しずつ進めていきます。

今日は私が考える良い作品について。
それは、作品と鑑賞者との間にいつも距離感をもっているものだと思います。近寄りがたい迫力と近づきたい求心力のなかで鑑賞者は居心地の良い場所を見つけます。その距離感を埋めるように作品との対話を無言のうちに交わし、その背景や作家の生きざまや息遣いまで様々な思いを巡らします。間合い、余白、行間、いろいろな呼び方はありますが、その距離感にこそ美の本質があり、そこで初めて鑑賞者は「静かな衝撃」に胸躍らせるのです。

芸術とは作品自体で完結するのではなくて、観賞者とともに完成させるものと言えます。その距離感を持てる人は美的感受性の強い人とも言いかえられます。少し話がそれますが、美術教育のなかで実技の習得に時間が割かれ、作品の正しい鑑賞を促すことが少ないのは残念なことです。

間合いの大切さは、お能や茶の湯、邦楽、武道などをはじめ、多くの芸道で説かれています。この間合いを学ぶことが奥義につながっています。
またこの間合いというのは美意識のなかでも感じられます。江戸の「いき」や「いなせ」は社交の間合いの達人とも言えるのではないでしょうか。出すぎず引きすぎず、ちょうど良い、かといって優柔不断でなくて潔い。そんな間合いが「いき」なのでしょう。

根付においても、間合いは道具と作品との違いになります。。道具としての根付には、この間合いを持ちません。作品としての根付は間合いを持つことで、持ち手の想像を膨らませ、楽しみや喜びを与えるものになり得るのです。創作はテクニックではありません。この間合いを作ることが作品に奥行きを与えることになるのです。

写真は夕顔の箱と作品を包む袱紗。箱の側面には、ご注文された方のしゃれた発想で、夕顔が光源氏あてに詠んだ歌の上の句と下の句を書き散らしています。

| 創作ノート | 09:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT