決意 こんな日は月でも観に行こう
FC2ブログ

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

決意

先日あるシンガーソングライターのラジオ放送を聞いた。
彼は冒頭「憎い 憎い 私は海が憎い…」と、とつとつと語り始めた。

大自然が向きだした凶暴な刃はとてつもなく大きかった。思えばそれ以来言葉を発することもできなくなり感情を押し殺してきた。発する言葉は政府や東電の利権の癒着と国民を欺いてきた代償が一気に露呈したにも関わらずなおも自己を正当化しようとする姿勢に憤り、今後の将来への憂いては毒づくだけだった。

被災された方の心情を想うととても悔しく何もできない自分が情けなくなるばかりで、そのフラストレーションをどこにもぶつけることができなかった。心のどこかで誰かのせいにしたかったのである。自分ができない焦りの言い訳を誰かに押しつけたかったのである。

そのアーティストが海を憎いという感情を吐き出したとき、僕は今まで自分の抑えつけてきた感情をはっきり思い出した。自分の中にある熱い思いだけが困難も逆境も変えることができる。長い道のりを歩くには確固たる覚悟がなくてはならない。誰のためでもなく誰から諭されるわけでもなく自ら感じた真実だけが僕を突き動かす。

湧きあがる衝動こそが作品となる。僕は自分の手を止めてはならない。僕にしかできないことがある。自らの置かれた状況の中で、自分から動くことでしか世の中を変えていくことはできない。僕の中でひとつの決意が生まれたときだった。

| コラム | 06:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT