根付の意味 こんな日は月でも観に行こう
FC2ブログ

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

根付の意味

sotoba_back.jpg人は生まれて苦しみのために生きるのだろうか?

それとも人は喜びのために生きるのだろうか?

うちふるえるように心が悲しみに満たされても、押しつぶされるように心が暗闇に閉ざされても、人は経験を消化し乗り越えていく。

芸術は経験を映し、時代と息づき、やがて人々の心に溶けいっていく。そこに芸術にしかできない力があるはずだ。根付にしか描けない心との軌跡があるはずだ。

何も頑張れと無責任に励ますものでなく、何も横柄に道理を諭すものでもない。
心とともに芸術はあり、心とともに変化していく。

人々が苦しみのうちに生き、喜びとともに生きるとき、その傍らに根付が支えになってくれたら、それだけでいい。

| コラム | 12:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT