紅葉賀 こんな日は月でも観に行こう

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

紅葉賀

momijiga_kukan.jpg

「紅葉賀」
象牙 W46×H58×D22

源氏物語五十四帖の第七帖。
この巻では、朱雀院の誕生日に合わせ、光源氏は見事な舞を踊り藤壺にもその美しさを褒め称えられる。また藤壺が光の子供を出産することで決して明かせない秘密と罪の意識を抱くという物語でもっとも重要な場面が描かれている。とてもドラマティックな展開となっている。
源氏物語でも最も華やかな宮廷生活が垣間見ることができて、私の好きな巻のひとつ。

紅葉賀 空観


作品一覧に戻る≫

| 根付作品 | 10:17 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT