いぬ 十二支之内 こんな日は月でも観に行こう

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いぬ 十二支之内

inu.jpg

「いぬ」 
象牙刻、べっ甲、へご H46×W41×D34

 日本原産の愛玩犬である、狆(ちん)を作品にしました。愛嬌たっぷりの大きな目、長毛で覆われた姿、肢が細く優美な体型などの特徴を活かして彫りました。古くから宮中や大奥など上流階級で飼育されてきました。
 明治彫刻界の重鎮、高村光雲が皇居「婦人の間」の装飾のために4体の狆を彫ったのは有名です。西洋彫刻に対して伝統的木彫によって写実彫刻に挑んだ光雲翁の気概はいかばかりであったろうと想いを馳せながら制作しました。

| 根付作品 | 17:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。