一年の節目を迎えて こんな日は月でも観に行こう

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

一年の節目を迎えて

今年もまた、無事に節目を迎えることができました。これもひとえに日頃から気に留めて、声をかけてくださる皆さまあってのことと感謝しております。

これからまた一年どう過ごしていくかと問われれば、「人と自分を比べない」ということを抱負にしようと思います。
人生において、創作において独立独歩、唯我独尊、孤高の道程を究めること。
過去を振り返らない。ただ前を向き、あるべき姿とひたすら対峙すること。

比較するは目標とすべき未来の自分。
信ずるは技芸の本質。
抗するは見栄と保身。
愛するはいちばん身近な人。
期するは根付がもたらす幸福の依り代。

私にとって根付の創作は、既に私の人生と同じ営みとおもえるからこそ、創作が自分自身を映す鏡でもあります。
この一年、私の成長が作品に現れてくることと思い、気を引き締めました。

及川 空観 拝

時の旅人 空観
「時の旅人」 象牙刻 H52×W30×D30mm 2014 

| コラム | 10:13 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

新しい作品も、文章も、楽しみにしております!

| Yamasan | 2016/03/17 07:03 | URL | ≫ EDIT

コメントありがとうございます。

≫Yamasan 楽しみにしていただきありがとうございます。最近、あまり新作をアップしていなかったので、気持ちをあらたに更新したいと思います。創作に没頭していると新しい根付とは?美学から根付を見たら?工芸と芸術とは?などいろいろ考えだけが浮かびますが、ブログではなかなか紹介することもなく過ぎてしまってます。ゆくゆくは根付論という形で本にまとめていこうと目論んでもおります。これからもよろしくお付き合いくださいませ。

| 空観 | 2016/03/17 10:23 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT