展覧会とイベントのお知らせ こんな日は月でも観に行こう

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

展覧会とイベントのお知らせ

根付 江戸と現代を結ぶ造形関東地区でなかなか現代根付を紹介する展覧会が少ない中、三鷹市美術ギャラリーで「根付~江戸と現代を結ぶ造形」が開催されます。いつも事後報告ですが、今日は来年の展覧会の告知となります。

展示作品は京都清宗根付館所蔵の古根付50点ほど、現代根付250点ということで現代作家のものがメインとなります。時間軸で歴史的にも追えるし、作家の多様性に注目してもよいし、さまざまな見かたで楽しんでもらえる展覧会です。会期は2017年1月14日(土)~3月20日(月・祝)で、時間は10:00〜20:00までと遅くまで開館してます。三鷹駅から徒歩一分なのでアクセスも便利です。

私の作品もいくつかまとまって陳列いたします。私自身の作品解説やアトリエの再現、ファッションとのコーディネートなどの特別コーナーも設けますので、私の世界観を感じていただけるのではないかと思います。

またイベントとしてギャラリートークと講演会も予定されています。
ギャラリートークは黒岩明氏(国際根付彫刻会 会長)と私が担当します。これは来館者の方と館内をめぐりいろいろな作家の作品説明をするという企画です。作家自身の解説を聞くことができるのは現代根付ならではですが、現会長である黒岩氏は宝飾業出身であり、彫刻だけでなく漆も使用する独自のスタイルを持ち、カルチャー教室での講師など多彩な経験と造形表現が特徴で、私とは違った切り口で解説されると思います。イベントの日程は下記のサイトをご覧ください。

講演会は私が進行役となり、今をときめく実力派の伊多呂氏、栗田元正氏、和地一風氏が勢揃い。作家それぞれの創造の源泉と現代における根付とは何かを一緒に探っていきます。どんな内容を引き出すことができるのか、進め方をあれこれ考えているところです。

それと私は関係してないのですが小学生を対象としたワークショップもあり、個人的には子供たちが根付をどう感じるのか、どう表現するのか、とても感心があります。年齢をごまかして参加してみたいくらいです。

それ以外にも多くの根付師たちも積極的に関与していて、単なる作品展示だけでなく作家の個性や創作の側面を立ち上げることで、より立体的な構成を楽しんでもらえる展覧会になりそうです。お近くにお寄りの際はぜひ足をお運びください。

詳しくは三鷹市美術ギャラリーのサイト 
根付~江戸と現代を結ぶ造形

| イベント | 08:05 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。