トークイベント盛況裡に幕を閉じました こんな日は月でも観に行こう

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

トークイベント盛況裡に幕を閉じました

三鷹市美術ギャラリーさる2月26日(日)に三鷹市美術ギャラリー 特別イベントとしてトークショーを開催しました。
定員70名のところ103名の来場ということで、熱気に包まれたイベントとなりました。多くの方にお越しいただき誠に感謝しております。登壇をかって出てくれた、伊多呂さん、和地一風さん、栗田元正さん、ご協力ありがとうございました。

第1部は、私が初めて日本美術の奥深さに開眼した際の驚きと衝撃に始まって、なぜ今根付を彫る意味があるのかという使命感を語らせていただきました。

第2部では上述の気鋭作家3名を加えてのトークセッション。創作に対する姿勢や信条を3名の生の声でお届けすることができました。また今後の根付の可能性を感じさせる、濃い内容でした。

質問では「使える根付と使えない根付」の意図について、「創作のモチベーションの保ち方」について、「それぞれのおすすめの作品は?」と様々いただきました。最後に小学生のギャラリーツアーの際に子供たちがとても興味を持ってくれたことをご報告いただき感涙しました。子供たちの素直な気持ちに応えられる作品を生み出すことが、創作家にとって一番の試金石だと思っているのでうれしくなり、ついホロッと。

こうして無事に終了したのもご参加いただいた方、ご協力いただいた方々のおかげとお礼申し上げます。
そして今回の企画を進めていただいた三鷹市美術ギャラリーには感謝してます。

| イベント | 07:58 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

小さい子達にも根付を知っていただける素晴らしい企画ですね。
1人でも多くの方に知って頂きたい世界です。

| 星与 | 2017/05/20 21:35 | URL |















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT