創作が苦手な芸術家って? その1 こんな日は月でも観に行こう
FC2ブログ

こんな日は月でも観に行こう

小さな変化に心を傾けてつづる空観流ひとりごと

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

創作が苦手な芸術家って? その1

090207_2239~0001私の周りで、創作しようとしても何を作ればいいのかわからないという芸術家が意外と多いんです。

芸術家にとって創作は当然必要なものです。
創作をあくまで手段としてとらえるならば何も作らないということ自体を作品にすることもできますが、多くの人から理解されないでしょう(涙)。

ではどうすれば作家にとって有意義な作品を創作をすることができるのでしょうか?
今までそうした作品論を見たことはありませんが、一度まとめてみたいと思います。

創作できないという悩みを、まとめるとおおよそ次のようになります。

・どんな題材の作品を作ればいいかわからない。
・自分のこだわりが強くて、回りの人に理解されない。
・作ることが好きだったのに何の為に作っているか分からなくなった。
・作品にオリジナリティがないような気がする。
・他の人からの評価が気になって作れない。
・だらだら時間をかけてしまう。
・アイデアを再現する技術が足りない。
・考えすぎてまとまらない。
・お客さんとうまくコミュニケーションがとれない。

このなかで思い当たるふしがありませんか?


では、これらの悩みに対して何が原因なのか、考えてみましょう。
悩みの問題点を分類すると

問題点
1.伝えたい目的が整理されていない
2.効果的な制作方法がわからない
3.自分を客観的にみることができない

と3つに絞ってみました。この問題点をクリアできれば、
作品の創作が充実した意味を持ってくるはずです。
時代を超えて認められる作品には共通点があります。

それではこの問題を解決する解決策を次回から述べていきます。

写真は創作中の「藤壺」

| 創作ノート | 09:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://kukan246.blog99.fc2.com/tb.php/37-9d453197

PREV | PAGE-SELECT | NEXT